7/15~ プライムデーの会場はこちら(終了しました)

EF50mm F1.8 STMなら背景ボケボケの写真が撮れる!カメラ初心者が初めて買うべき単焦点レンズ

EF50mm F1.8 STM 買い物

EF50mm F1.8 STMはキャノンが販売する交換レンズ。

カメラを買ったときに付属してくるレンズでも背景のボケ感は出せますが、EF50mm F1.8 STMならその上を行くボケ感が出せます

一眼レフならではの”背景をぼかす”写真を撮りたいのであればEF50mm F1.8 STMで間違いないです。(価格もリーズナブル)

あと、人物をよく撮影する人にもおすすめです。理由は後ほど。

この記事では、EF50mm F1.8 STMのスペック、メリット、デメリット、レビューを書いていきます。

購入しようか迷っている方の参考になればと思います。

EF50mm F1.8 STMのスペック

画角(水平・垂直・対角線)40°・27°・46°
レンズ構成5群 6枚
絞り羽根枚数7枚
最小絞り22
最短撮影距離0.35m
最大撮影倍率0.21倍
フィルター径49mm
最大径×長さ φ69.2mm×39.3mmφ69.2mm×39.3mm
質量約160g

引用元:Canon

EF50mm F1.8 STMは軽量・コンパクト(160g)で、旅行など荷物を減らしたいときに最適です。

F値がF1.8でいわゆる明るいレンズ。たくさん光を取り込むので暗い場所でもキレイに撮れます。(イルミネーションとか)

APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズで装着した場合には、焦点距離イメージが約80mm相当となるので、ポートレート撮影(人物撮影)にも最適な一本です。(僕は人物撮影のためにEF50mm F1.8 STMを購入)

最初に買ったときについてきたレンズ(レンズキッド)よりも、数倍ボケ感が増します

EF50mm F1.8 STMなら、一眼レフの醍醐味である、ボケボケな写真を手に入れることができるのです。

EF50mm F1.8 STMのメリット

EF50mm F1.8 STMのメリット
  • 最高のボケ感
  • ポートレート撮影に最適
  • 暗闇でもキレイに映る
  • 持ち運びに便利

やっぱり一眼レフといえば”背景のボケ”が醍醐味ですよね。EF50mm F1.8 STMなら、これぞ一眼レフといったボケを簡単に手に入れることができます。(初心者でも簡単に)

EF50mm F1.8 STM はポートレート撮影(人物撮影)に最適です。人物を際立たせ、臨場感のある写真を撮ることができます

人物を撮影するのが好きだ!と言った方はEF50mm F1.8 STMがおすすめ。

EF50mm F1.8 STMは、F値が1.8(たくさん光を取り入れる明るいレンズ)なので、暗いところでも難なく撮影できます

EF50mm F1.8 STMは軽量・コンパクトなので、かさばらないし、持ち運びも楽です

EF50mm F1.8 STMのメリットをまとめると

EF50mm F1.8 STMのメリットをまとめると
  • これぞ一眼!といったボケを初心者でも簡単に撮影できる
  • 人物を際立たせ、臨場感のある写真が撮れる
  • 暗いところでもキレイな写真が撮れる
  • かさばらない
  • 持ち運びが楽

はじめての単焦点レンズで購入する人が多いみたいですよ。

EF50mm F1.8 STMのデメリット

EF50mm F1.8 STMのデメリット
  • 狭い部屋では使いづらい
  • 動画撮影には向いていない
  • 見た目に好き嫌いがある

EF50mm F1.8 STMはフルサイズのカメラなら気にならないかもしれませんが(僕は持ってないのでわからない)APS-Cサイズのカメラをつかていると焦点距離が約80mm相当になります。狭い部屋だとちょっとズームが効きすぎなんですよね

なんで、狭い部屋だと距離が決まっているから、自分が取りたい写真が撮れないことも。

EF50mm F1.8 STMで動画を撮影すると、オートフォーカスでピントを合わせてくれるのですが、少し遅い、それと音がする

あるきまわっている子どもの動画を撮ろうと思っても、ピントが間に合わないことがあります。

本体のマイクがレンズのモーター音を拾うので、動画を見返したときに気になります。(被写体が動くものなら結構頻繁に)

EF50mm F1.8 STMの見た目がちょっとダサいと感じたのは僕だけでしょうか。

好き嫌いがあるので、なんとも言えませんが、このままではちょっと格好悪いと思ってしまったので、レンズフードを購入。

EF50mm F1.8 STM専用のレンフードはイケてます。

通常つけている状態だと、少しかさばりますが、使わないときは反対向きに装着することも可能です

見た目に好き嫌いがあるといいましたが、専用のレンズフードを付けたEF50mm F1.8 STMは最高にかっこいいです。

EF50mm F1.8 STMで圧倒的ボケ感

EF50mm F1.8 STM で撮影した写真をつらつらと載せていきます。

EF50mm F1.8 STMはカメラ初心者の練習にピッタリ

EF50mm F1.8 STMはカメラ初心者の技術向上のためにぴったりです。

EF50mm F1.8 STMにはズーム機能がついていません。なので、カメラを覗いたときの距離を頭に入れてないと、狙った写真は撮れません。

EF50mm F1.8 STMのような単焦点レンズを使うと、頭を使って、足を使って写真を撮るようになります。構図はこうだとか、これぐらい離れたほうがいいとか、頭を使うからカメラのスキルは自然と上がっていきます

逆に、ズームレンズで撮影をするときは、どこからでもそれなりの写真が撮れてしまいます。なので、後々見返したときに『どうやってこの写真を撮ったんだろう?』と答えがわかりません

単焦点レンズはズームができないので答えは1つです。もう1回同じ写真をとれと言われたときに、単焦点レンズならそれが可能なんですね。

EF50mm F1.8 STMのような単焦点レンズに慣れてくると、撮りたい写真を狙って撮れるようになります

いつでも狙った通りの写真が撮れるようになるには、EF50mm F1.8 STMのような単焦点レンズで練習をすることです。(カメラ初心者におすすめです)

EF50mm F1.8 STMは初心者に優しい

EF50mm F1.8 は1990年にカメラ初心者向けに開発された商品で、今でも人気があります。( 20年以上愛されています )

初心者でも、レンズを変える楽しみを味わってほしいという思いで (これは妄想です) 、Canonさんが頑張ってくれたのではないかと僕は思っています。

性能も抜群のEF50mm F1.8 STMは初心者が初めて買う単焦点レンズにぴったりです

EF50mm F1.8 STMで背景ボケボケで『これぞ一眼レフ!』って写真を撮影しまくってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました