7/15~ プライムデーの会場はこちら(終了しました)

1歳児が居る部屋の冷房は何度に設定してる?寒すぎると風邪が心配ですよね

子育て

梅雨が終わると、一気に気温が上がって、夏らしくなります。

1歳ぐらいの赤ちゃんはまだ体温調節が上手にできません。なので、冷房を付けて熱中症にならないように気を付ける必要があります。

ただ、暑いからといって大人の感覚で冷房をつけていると、赤ちゃんが寒いと感じるかもしれないから難しいですよね

赤ちゃんの思っていることは親でもわかりません。(寒いとか言ってくれないですからね)

なので、この記事では実際に僕の家ではこのくらいの温度で1歳児と生活してるよーってのを書いていきます

正解かどうかはわかりませんが、『この人の家はこんな感じでやってんだー』ぐらいの感覚で参考にしてみてください。

そもそも1歳児が居るときに冷房してもいいの?

1歳児が居る部屋は冷房をつけても大丈夫です。

30℃を超えるような暑さの場合は積極的に使いましょう

1歳児は体温調節が上手ではありません。なので、親が代わりに室温を調節し、赤ちゃんの体温調節を手伝う必要があります。

赤ちゃんの体温調節に関しては難しい赤ちゃんの体温調節|寒い?暑い?服装、靴下、汗対策は?が参考になります。

また、赤ちゃんの様子を見て『今のところ大丈夫そうだから』と思うのは危険です。

熱中症になる人が最も多い場所は”住居”なんです

住居での熱中症が全体の4割です。

今のところ大丈夫だからといって、冷房を付けずにいると赤ちゃんが熱中症にかかる可能性があります

熱中症はなってしまってからでは遅いです。

大切な赤ちゃんを守るためにも30℃を超えるような暑さの場合は積極的に冷房を入れるようにしてください

1歳児がいる部屋(昼間)の冷房は26度に設定してます

僕の家では冷房の設定温度を26度に設定しています

冷房を25度に設定しているときもありましたが、大人でも寒いと感じることがありました。

親が寒いようなら赤ちゃんも寒いよな?ということで、設定温度は26度です。

冷房の設定温度が26度で暑いと感じるときは扇風機を回して涼んでいます

冷房を26度に設定し扇風機を使うことで、僕たち(親)にとってはちょうどいい環境になりました。

ただ、1歳の赤ちゃんにとってちょうどいいかはわかりません。

1歳児がいる部屋(夜)の冷房も続けて26度に設定

夜も昼と変わりありません。26度に設定しています。

昼に比べて外気の温度が下がりますが、部屋の壁に熱がこもるらしいので冷房は切りません。

もし冷房を切ったとしても、すぐに部屋が暑くなるので結局つける羽目になります。

昼も夜も冷房は26度設定です。

1歳児の赤ちゃんの体調は細かくチェックする

冷房の温度は26度で設定しましたが、大人が過ごしやすい環境になっただけです。

赤ちゃんが汗をかいてないか、寒そうにしてないかは親がこまめにチェックするようにしましょう

僕が実際にやっている体調のチェック方法と対策は以下の通り。

体調のチェック方法と対策
  • 汗をかいているようなら扇風機を回す
  • 赤ちゃんの背中が冷たいようであれば、冷房の温度を上げる

汗をかいて放置しておくと、あせもになるのでこまめに拭いています

親が少し涼すぎるかもと感じたときは、赤ちゃんの背中を触って体温を見ています。少し冷たいかも、と思ったら冷房の温度を上げたり赤ちゃんに運動させたりしてます

1歳児の赤ちゃんが寝る時の冷房は27度と扇風機

1歳の赤ちゃんと寝る時は冷房を27度に設定。いつもより1度だけ上げます

それと扇風機は朝まで回しっぱなしです

寝ているときは体の動きも少ないので、冷房をつけっぱなしにしておくと、寒く感じることもありますよね。

なので、冷房を1度下げて、扇風機を弱で回し続けています。

1歳児の赤ちゃんと寝る時はタイマーを設定してます

冷房つけっぱなしで寝ると、朝起きたときに体がだるい、といった経験があるかと思います。

僕らでもだるくなったりするわけですから、赤ちゃんにとってもいい影響はないと考えます。

なので、1歳の赤ちゃんと一緒に寝る時はタイマーを設定します

タイマーが切れる時間は夜中の2時に設定しています

僕の奥さんが試行錯誤をしてくれて、『夜中の2時に冷房が切れるように設定すれば、朝まで気持ちよく寝れる』という結論に至ったようです。

人によりけりだと思いますが、夜中の2時に冷房が切れるように設定することで、赤ちゃんも僕らも気持ちよく寝れるようになりました。

1歳児が夜寝ているときの熱中症に気を付けたい

1歳の赤ちゃんが夜寝ている間に熱中症にかかってしまうこともあるようで、寝る時には冷房を付けて熱中症対策をしましょう

また寝る前に水分補給をすることで熱中症の予防になるそうなので、心配な方は飲ませてから眠る準備をしましょう。

赤ちゃんが熱中症にかかった場合の症状赤ちゃん・子どもの熱中症 けいれん、発熱など危険な症状と応急処置&熱中症予防を参考にしてみてください。

あらかじめ熱中症の症状を確認しておけば、その場ですぐに最低限の対応ができます。

1歳の赤ちゃんを育てるならこまめに室温をチェック

1歳の赤ちゃんはまだ体温調節が上手ではありません。なので、室温をこまめにチェックして、熱中症対策をしなければなりません。

熱中症になってからでは遅いですからね。

ただ、冷房を26度に設定していても実際の室温が26度になるかといえばそうではありません

肌感覚で暑いと感じたら、25度に設定してもいい場合もあります。

ただ、肌感覚だと正確な気温はわかりません。

なので、部屋に温度計を置くのをおすすめします

部屋に温度計があれば客観的な数字がみれるので、冷房の温度を設定しやすくなります

湿度もわかるので、湿度が高いようなら除湿をしてみたり、といったとこの判断もできます。

1歳児はまだ言葉が話せません。過ごしやすいように冷房を付けて、熱中症に気を付けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました